ロングテール戦略の実践方法

前回の記事で、Amazonが行ったロングテール戦略を紹介しました。

ネットショップの強みといえる、ロングテール戦略ですが、デメリットの部分に目を向けると実践するには難しいと感じた人も多かったのではないでしょうか?

そこで、今回はどんなネットショップでも実践できる、ロングテール戦略の方法をご紹介していこうと思います。

前回の記事は、Amazonが成功させたロングテール戦略でネットショップの売上をアップさせる!の記事で紹介していますので、気になる方はご覧ください。

[nlink url=”/net-shop/amazon-longtail/”]

ターゲット選定と計画

結論から言うと、ロングテール戦略は短期的に大きな利益を上げるということには向いていません

大量の商品を仕入れ、ある程度、在庫を確保するために掛かったコストを回収するには、長い期間を必要とするケースも珍しくありません。

Amazonは独自技術により、徹底的に合理化された在庫管理と流通コストの削減を行い試行錯誤の結果、ロングテール戦略を成功させたのです。

ロングテール戦略を導入する場合、Amazonのような大がかりなことは不可能で、一定の利益を生み出すためには根気強く時間が必要であることを覚えておきましょう。

また、Amazonのように様々なアイテムを取り扱うことは現実的ではなく、どのカテゴリに特化した商品の取り扱いを行うべきかを整理し計画を立てる必要があります。

サイトのページ作りは丁寧にわかりやすく

ネット検索し上位にヒットするには、SEO対策が重要であることは、全のネットショップに共通することです。

ロングテール戦略もSEO対策は非常に重要で、商品の紹介ページの構成にはお客様の心を掴めるようなページに構成することがポイントです。

立ち上げたばかりのネットショップや小さなマーケットであればある程、お客様が検索によって辿り着くのも容易ではありません。

折角、閲覧されてもページが分かりにくかったり間違いがあれば、購入のタイミングは失われてしまいます。

直ぐに売れない商品は、マニアックである商品やニッチなニーズを狙ったものが多く、お客様はマニアな専門知識をもったエキスパートや特別な拘りやセオリーを持っている人が多いでしょう。

マニアな顧客を満足させるための品揃えを実践するためには、日々の情報収取や自らもある程度の専門知識が必要となります。

そういった、情報をページに盛り込み魅力的に紹介するだけでも、拘りを持ったマニアな顧客からも共感を得られ、あなたのショップサイトの常連さんになってくれる可能性が上がります。

定期的な商品ページの更新

ロングテール戦略は、何よりも商品紹介ページの充実が求められます。

ただ、商品の紹介ページを制作すれば、そこで終わりというものではありません。

SEO対策を含めた新しい情報発信やお客様に有益となる情報を提供することで、分かりやすいサイト作りが求められます。

常に新しい情報を更新を続けていなければ、すぐに顧客離れが起きてしまう危険性があるのです。

まとめ

取扱う商品が珍しい場合、その商品を欲している顧客にとっては宝物のような価値があります。

どのネットショップでも売っている商品であれば、その商品を見つけた時に嬉しくなる度合は低い言えます。

ロングテール戦略の成功のポイントは、その商品が大くの人にとって必要とされない商品であればある程、必要とする一部の顧客にとっての価値が高まっていくといく点です。

そのため、どこを探しても見つからないような商品を、たまたま発見することができれば、その人にとってやっと探し当てた宝物を発見したような感覚となります。

ロングテール戦略を実践する場合、このような顧客心理を理解したサイト作りを行うことが成功への近道です。