ECショップのバックエンド業務と役割

バックエンド業務とはどのような業務かご存知でしょうか?

「言葉は聞いたことがあるけど、実際にバックエンド業務をしたことはない。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一見するとあまり重要そうではなさそうなイメージを受けるバックエンド業務に感じますが、実はバックエンド業務で会社の信頼度が大きく左右されます。

では、簡単にバックエンド業務について分かりやすく解説していきます。

商品登録や顧客対応

バックエンド業務とは会社の業務でいうところの事務職にあたります。

大きく分けるとバックエンドの仕事は2種類あり、商品の受注や発注から在庫管理と客様(クライアント)対応が主な業務内容になります。
ECショップを立ち上げると販売する商品の情報や登録が必要です。

また、登録する前に商品のカテゴリーを絞りカテゴリー別に商品を登録しておくと一目で見て分かるサイトになります。

商品管理をする場合、アパレルショップのように季節ごとや流行をカテゴライズすることで、購入数増加につながります。

更新の目安は、1ヶ月~2ヶ月程度でどの商品が売れているか、また、売れ残っているかを確認し在庫数の調整等を行います。

他にも仕入の際に注意しないといけないのは、発注数のミスや納期の検討違いなどには気をつけなければいけません。

 

お客様(クライアント)対応

ECショップの場合のお客様(クライアント)対応はメールもしくは電話での対応となります。

店舗に来店されるお客様と同様にECショップでも商品の注文や発送はもちろん、おすすめの商品を訪ねられるなど、新商品の依頼・納期についての相談など多くの業務が発生します。

特にECショップでのお客様対応で最も重要なスキルは、素早く正確にそして丁寧に対応することです。

特にメールや電話はお互いの顔が見えないため、迅速に誠実な対応をすることが一番の必須条件です。

そういった対応を行うことで、顔が見えない取引でも信頼関係を築くことができます。

誠実で迅速な対応を心掛けるには、定期的にメールを確認することやチャットなどを利用しお客様とリアルタイムでやり取りをすることで、外出先からでもスムーズに取引することが可能です。

バックエンド業務は非常に重要な業務の上、お客様と取引する上で柔軟性と効率の良さが求められます。

 

EC運営におけるバックエンド業務のまとめ

バックエンド業務は、縁の下の力持ちでなくてはECが成り立たないといっても過言ではありません。
バックエンド業務をしっかりこなしてクライアントの信頼を勝ち取りましょう。