店舗販売で重要な6つの機能

店舗販売と言うと商品をただ販売するだけの場所と潜在的に思うかもしれません。

実際の店舗販売には様々な機能が備わっていることが多く、およそ6つの機能に分類することができます。

今回はこの6つの機能について、紹介したいと思います。

お店がすぐに実践できる売上につなげる心構え

6つの機能をご紹介する前に店舗を運営するにあたり、どこの店舗運営者もお店に入ってもらったら商品を手に取り、購入してもらいたいものです。

また、新規顧客を獲得したのであれば、その顧客をリピーター顧客として次につなげていきたいと考えるものではないでしょうか?

実際、紹介する6つの機能を理解して、全て実践に移している店舗が少ないのが現状です。
まずは、基本とも言えるような、6つの機能を理解し、実践することで集客や売上につながっていくポイントとなりますので、しっかりと理解していきましょう。

人目を惹く店舗施設

まず、一つ目が店舗が存在するだけで、目を惹く訴求機能です。
道を通行していて目を惹くお店があると、気になって入ってみたいと思うことがあるでしょう。

特に珍しいお店や今までに地域にないような店舗があれば、ことさらでしょう。

このように店舗の外観、デザイン、店構えなどによって人々の気を惹く機能が必要です。

店舗の工夫でお店に入りやすくする

実は、店舗には誘導機能を有していなければなりません。

これはお店の存在に気づいた人が、そのお店に入りやすいように誘導する機能です。

出入り口や店頭のデザイン、店内を明るくすること、通路の工夫などによってこの機能を高めることが可能です。

商品を魅力的にアピール

商品を魅力的に見せなければ、購買意欲をそそることができません。

お客さんに商品を買ってもらうために重要なのが演出機能です。

商品を魅力的に見せるために陳列に気を配ったり、色彩や照明を工夫したりすることによってより買いたいという気持ちを強めることができます。

更に明るい音楽を店内で流すとさらに効果的かもしれません。

商品が購入しやすい

次に重要なのはお客さんが商品を手に取ってもらい、実際に購入してもらう必要があります。
その際に役立つのが購入促進機能です。

顧客が商品を買いやすいようにするのがその主な目的ですが、これには販売方法や従業員の対応などが含まれます

最近では、従業員に話しかけられたくないというお客様も増えてきていますから、その要望に対する配慮などもこの購入促進機能に含まれるかもしれません。

また、従業員に話しかけられたくないというお客様も増えてきている、一方で、アドバイスを必要としているお客様もいらっしゃいます。

アドバイスを必要としているお客様の場合、殆どが購入目的で来店していることが多いので、見逃さない観察力も求められるでしょう。

店員さんを探しているような素振りをしているお客様を見かけると積極的に声を掛けると良いでしょう。

また、お店によっては、制服がないお店や制服があってもお客様と同化してしまうような場合、お客様から見て、どの人が店員さんなのか分かりにくいため、広い視野でお客様の動きに注目する力も必要とされます。

お客様に合った商品を選択

今では、インターネットで、何でも揃う時代ですが、それでも、実際に自分の手に取って商品を見たいというお客様がいるのは事実です。

そこで、お客様のニーズにあった商品を揃えることはもちろんのこと、お客様自身にも選択する余地を持たせてあげることもポイントの一つです。

ここで、重要なポイントは、選択機能です。

人の好みは千差万別で、さまざまな趣味趣向があります。

商品を購入するもしないもお客様が決めることです。
こういったことを考えずに売上ばかりを重視するあまり、強引な接客になるとお客様自身で選択する購入するための選択の余地も狭まります。

また、商品の種類が少なく、在庫がない場合、代替え案などをお客様に提供することで、お客様が選択する幅が増えます。

最近は店舗で商品の在庫が切れていても、インターネットの公式サイトでは在庫が残っている場合などがあるので、店員さんが商品を手配することも必要でしょう。

他にも、商品コーナーを用意したり、また、商品ジャンル毎にまとめるなど、陳列を低くしたりして、回遊と動線を考慮するならこの機能を高めることができるでしょう。

購買意欲をそそるような店舗を目指す

他にも店舗販売に求められる機能が情報発信機能です。

顧客に商品の情報を届けなければ、購買意欲を刺激することもできません。

購買意欲をそそる手法としては、ポスターやチラシ、掲示板などがそれにあたります。

最近では、メールマガジンやSNSを利用して、情報発信をしている店舗が殆どです。

SNSの場合、情報発信でも最新の情報を発信することができるので、ホットな情報を発信しやすく、セールなどの短期間の宣伝などにも効果を発揮しやすいといった効果が期待できます。

時代が変化するにつれて店舗機能も進歩していくことが求められるのです。

店舗経営を行う際にはどの機能にもっと力を入れるべきなのかを常に考慮しながら業績向上に努めたいものです。

また、SNSの集客方法と対策は、SNSソーシャルメディアを使って集客に役立てる方法とメリットとデメリットの記事でも紹介しています。

[nlink url=”/net-shop/sns-merit-demerit/”]

6つの機能まとめ
訴求機能 店舗の外観、デザイン、店構えなどによって得られる効果
誘導機能 エントランス、店内を明るくすること、通路の工夫をすることで店舗に入りやすくなる効果
演出機能 間接照明の使用や電気の明るさや商品陳列の工夫などで商品が魅力的に映える効果
購入促進機能 実演販売やサンプルの配布などから購入へ至る効果
選択機能 お客様自身が選択できる余裕を与えることで購入へ至る効果
情報発信機能 認知度を高めて集客へとつなげる効果

まとめ

店舗販売で重要な6つの機能をご紹介しましたが、如何だったでしょうか?

明日から、実践できるようなことから、計画的に実践へと移していかないといけないことなどもあったのではないでしょうか?

直ぐに効果はでなくとも、良いお店作りを心掛けていれば、良い情報は第三者により、発信されることもあります。
また、逆もしかりです。

このように、普段から意識したお店作りをすることで、大きな結果につながります。